カチョーほど素敵なショーバイはない!??

世界は課長が救うのさ! ~元、マーケティング課・課長のマネージメント・ブログ~

会社のミッション・ビジョン・ポリシーを一言で表した秀逸なタグライン

私の好きな、ほれぼれしたタグラインはこれです。

 

新ブランドメッセージ告知ページ 「新しい今日がある」 | セブン&アイ・ホールディングス

f:id:kacho007:20170111122838j:plain

 

昨日とは違う明日がある

これだと私たちの夢とか希望とか願望になってしまいますが、その上での「新しい今日」。

 

昨日売れたからといって、それを今日もまたお客さんに押し付けるのですか?

昨日とは違う新しい今日を、私たちは提案しませんか?

そうすれば、いつ行っても新しい発見・出会いがあるお店だと、お客さんにワクワクしてもらえるのではありませんか?

 

O2Oだ!オムニチャネルだ!IoTだ!と時流を後追いすること自体は構いませんが、その大前提となる小売りの矜持そのものとも言っても過言ではないタグラインではないでしょうか。

 

・ミッション(社是)

・ビジョン(経営理念)

・ポリシー(行動指針)

 

多くの企業ではこれらの項目をフル回転させて自社の存在意義やあるべき姿などを明文化するのでしょうが、セブン&アイの場合はたった一言で、しかも市場全体に向けたタグラインで、それを表現してしまったのだと思います。

 

なのに、そのタグラインを使わなかったクリエイティブを見つけて残念な気持ちになってしまい、この投稿に至るわけです。

 

企業・商品・ブランドは、こうやって衰退・消滅していくものなんだと思います。

 

役員人事も大事でしょうが、変えるべきものと変えるべきでないものの抽出・選択は、マネージメントに課された最も大きな命題なのでしょうね。

 

<追記>

日経ビジネスオンラインで、それっぽいニュアンスと受け取れる記事が公開されていました。

business.nikkeibp.co.jp

<追記2>

特集が始まっていました。

business.nikkeibp.co.jp

我々は売れるであろうと思う商品を仕入れるんです。売れたから追加するのではない。仕入れた商品が売れるかどうかという未来の話は、POS(販売時点情報管理)システムでも分からない。仮説を証明するのがPOSです。売れるという仮説が立てられない商品は仕入れてはいけないのです。

 

 

ということで、おすすめの書籍は「統計心理学」です。

 

鈴木敏文の統計心理学〈新装版〉―データサイエンティストを超える仕事術
鈴木敏文の統計心理学〈新装版〉―データサイエンティストを超える仕事術 勝見 明

プレジデント社 2013-11-28
売り上げランキング : 277124

Amazonで詳しく見るby G-Tools

わがセブン秘録 朝日おとなの学びなおし 経済学 鈴木敏文の実践!行動経済学 (朝日おとなの学びなおし! 経営学) 売る力 心をつかむ仕事術 (文春新書 939) 取締役の心得 鈴木敏文 考える原則 (日経ビジネス人文庫) 無印良品が、世界でも勝てる理由  世界に“グローバル・マーケット 「人を動かす人」になれ!―すぐやる、必ずやる、出来るまでやる グレートカンパニー――優れた経営者が数字よりも大切にしている5つの条件 鈴木敏文の「本当のようなウソを見抜く」セブン-イレブン式脱常識の仕事術 スターバックスはなぜ値下げもテレビCMもしないのに強いブランドでいられるのか?

マーケティングとリクルーティングはターゲットが違う以外はほぼ一致

年始早々、意識高い系を自称するネット市民が集う NewsPicks で面白いネタを見つけてしまったので脊髄反射しておきます。

 

blog.findy.us

人身売買ビジネスとは距離を置いている関係上、「採用マーケティング」も「採用広報」も初見でした。

教えていただいてありがとうございます。

 

g.co

 

 

以下、人身売買ビジネスのプロフェッショナルから見ると大いに異論あるのでしょうがそこはご容赦いただくとして。

 

マーケティングにおける戦略・戦術を定義するステップは 3C ⇒ STP ⇒ 4P ですが、リクルーティングとの違いは 3C の一つ、Customer が Employee に置き換わるぐらいで、他の構成要素はほとんど一緒ではないでしょうか。

 

例えば、求人広告もブランド広告も会計上は「広告宣伝費」といった経費科目で処理されるところなんかはとってもわかりやすいですし、その求人広告で一世を風靡したリクルートが事業ポートフォリオマーケティング関連サービスを加えたりなんていうわかりやすいケースもあったりします。

 

しいていうなら、商品開発を含む広義のマーケティングよりは狭義のセールス・プロモーションの方がガッツリはまりやすかったりしますが、ブランド≒事業が起点となって集客や採用のCPOといったKPIを掲げるところは完全に一致しますし、顧客化・採用した後に活性化させるアクティベーションや離脱・離職を防止するリテンション、友人紹介といったMGMのようなプロセスで苦労されているマーケターやリクルーター(?)も多いのではないでしょうか?

 

以上、ついつい「マーケティング」というコトバに反応してしまう悪い癖は今世紀中に何とかしたいなと思います。

 

f:id:kacho007:20170104214248j:plain

2017年は10年に一度の007の年

 前回、2007年の年初にはこんな投稿してたんですね。

 

kacho007.seesaa.net

さて、今回の2017年には何が起きるのでしょうか?

 

少なくとも元号が新しくなるのでしょうかね。

 

president.jp

皆さまにとって幸多き年となりますこと、心より祈念しております。

 

f:id:kacho007:20170103150642j:plain